平成22年度特産品コンクール 受賞商品

  

最優秀賞

かにおこわの写真 紅ずわいがに かにおこわ

180g 440円

有限会社 前田水産
  TEL 0859-28-8337
  FAX 0859- 28-8343

<商品特性>
大きく立派な紅ずわい蟹の甲羅に鳥取県産のもち米と日本海産の紅ずわい蟹をふんだんに使用しています。もち米は蟹をまるごと茹でた出し汁を使いふっくらと仕上げています。さらに当社オリジナルの紅ずわいがにで作った蟹オイルを加えることで、蟹の香ばしさも味わうことができます。

<賞味期限>
2ヶ月

<保存方法>
-18℃以下で保存


<主原料の産地>
紅ずわいがに…日本海産(境港)

<評価された点>
○大きな蟹の甲羅を使用、紅ずわいがにがふんだんに入っており、鳥取県らしい商品である。
○鳥取県らしさがでており、県外に販売する際インパクトがある商品である。


優秀賞

エスニックビーフシチューの担当エスニックビーフシチュー

1人前(220g) 840円

豊田アストリア有限会社
  TEL 0859-33-9848
  FAX 0859- 33-9848

<商品特性>

従来のレトルトビーフシチューの域を完全に超えた本物のシチューです。カレー風味のスパイスを加え独自の技法で、鳥取黒毛和牛100%のパンにもライスにも合うエスニック(民族風)な一品です。

<賞味期限>
1年

<保存方法>
直射日光を避けて、常温保存

<主原料の産地>
牛肉、しめじ、玉葱、ワイン…鳥取県


 

 

美人らっきょうシリーズの写真 美人らっきょうシリーズ(甘酢、黒酢、ピリ辛、はちみつレモン、塩)

50g 各380円

泊綜合食品株式会社
  TEL 0857-28-6211
  FAX 0857-28-0905

<商品特性>

鳥取県の特産品であるらっきょう漬を手のひらサイズのかわいらしいサイコロパッケージに入れました。若い女性層を主とした新しい形の土産品です。

<賞味期限>
甘酢、黒酢、ピリ辛、はちみつレモン…各180日
塩…120日

<保存方法>
直射日光を避けて、常温保存

<主原料の産地>
らっきょう…鳥取県福部町

 

 


 

南蛮漬け ノンフライ製法南蛮漬けシリーズ(あじ南蛮漬け、いか南蛮漬け、さば南蛮漬け)

220g(固形量 100g) 各298円

友田セーリング株式会社
  TEL 0859-47-2100
  FAX 0859- 47-2101

<商品特性>

油で揚げていない全く新しい南蛮漬です。さっぱりと口当たりが良い商品です。

<賞味期限>
1年

<保存方法>
-18℃以下で保存

<主原料の産地>
あじ、さば、いか…鳥取県境港


優良賞

千代むすび純米大吟醸 源流あられ酒「海に降る雪」の写真 千代むすび純米大吟醸 源流あられ酒 「海に降る雪」

500ml 2,100円

千代むすび酒造株式会社
  TEL 0859-42-3191
  FAX 0859-42-3515

<商品特性>

鳥取県伯耆町福岡地区の清らかな源流で育てた五百万石米を、皆生温泉の若者達の情熱により生まれたお酒。にごりの粒子は大きめで、瓶を振ると雪のようににごりが舞い上がります。キレ味のよい辛口タイプのお酒です。

<賞味期限>
1年

<保存方法>
10℃以下で保存

<主原料の産地>
五百万石…鳥取県伯耆町


 

焙りほたるいかの写真 焙りほたるいか

12g 262円
30g 525円


有限会社小倉水産食品
  TEL 0859-44-5555
  FAX 0859-44-6666

<商品特性>

山陰沖で漁獲されたホタルイカを冷風で十分に乾燥させ、焦げて苦味が出ないように熱風で焼き上げています。中のワタの風味が大変美味しいです。ビール、お酒のつまみに最高です。

<賞味期限>
3ヶ月

<保存方法>
常温保存

<主原料の産地>
ほたるいか…山陰沖


審査について

 鳥取県産の農林水産物を主原料とした加工食品、又は鳥取県産の農林水産物の特徴を活かした加工食品で、3年以内(平成19年5月1日~平成22年4月30日)に開発・改良された商品の中から、優れた商品を表彰・PRすることにより、新商品の販路開拓と開発を促すこと目的として平成22年度食のみやこ鳥取県特産品コンクールを実施し、審査会を下記のとおり開催しました。

1 日時

 8月3日(火)午前10時~午後1時15分
 

2 会場

 伯耆しあわせの郷(倉吉市小田458)
 

3 内容

 予備審査(商品ラベルの法令適合性を審査)を通過した40商品(27社)の中から、品質、パッケージ及び市場性を審査し、受賞商品を選定する。
 

4 審査方法

 以下の審査基準に沿って審査委員が採点を行い、全審査委員の合計点数の上位10商品程度の中から審査委員合議の上、各賞(最優秀賞1点、優秀賞2点、優良賞3点)を決定する。

<審査基準>

(1)品質:食味、風味、素材、安全性が優れているかどうか
(2)パッケージ:デザイン、使い易さ、保存等が優れているかどうか
(3)市場性:鳥取県らしさを打ち出しているか、価格設定が適正かどうか

5 審査委員

 9名(学識経験者、食品関係団体、消費者等)
 

6 審査の流れ

(1)審査委員による試食・採点(午前10時~午前11時45分)
(2)採点結果の集計及び審査委員による合議(マスコミ非公開)(午前11時45分~午後1時15分)
  受賞商品の決定。

7 受賞商品のPR等の支援

(1)食のみやこ鳥取県フェスタ等の関連イベント、県のホームページ等で紹介する。
(2)県や商工団体等が主催する商談会等の案内をする。
(3)ピーコックストア千里大丸プラザ(大阪府豊中市)で開催される「鳥取県物産展」で販売スペースを確保する(委託販売とし、酒類を除く常温商品に限る)。
(4)とっとり美味広場(鳥取大丸地階)「特産品コンクール受賞商品コーナー」で販売スペースを確保する(委託販売)。
(5)BSSラジオ「食のみやこ鳥取探検隊が行く」コーナーで事業者生出演による紹介を優先的に行う。