中部総合事務所福祉保健局のホームページ

鳥取県では、法律名など一部の用語を除き、原則として「自殺」という言葉に代えて「自死」という言葉を用います。

 全国の自死者数は平成10年に急増して以来14年連続して3万人を超える厳しい状況でしたが、平成24年の統計結果では15年ぶりに3万人を下回る状況となり、平成25年度も同様に推移しています。

 ただし、自死は関連する要因が複雑であり、依然として、自死対策の面では様々な問題を抱えているため、継続した対策を行なっていく必要があります。

 鳥取県では、自死対策の総合的推進、普及啓発、相談支援体制の充実、うつ病対策の充実(早期発見、治療のための体制づくり)、自死未遂者・遺族ケアを柱に活動するとともに、うつ病の症状の一つである「睡眠障害」を糸口に、早めの相談・受診をよびかける「眠れてますか?睡眠キャンペーン」を実施しています。

スーミン男の子スーミン女の子

企業などの事業所向けメンタルヘルス出前講座を行っています

 ストレスが多い現代、働く人も心身のバランスを崩したり、うつ病などで休職される方が増加しています。労働者の心身の健康は企業にとっても重要な課題であり、職場でのメンタルヘルスへの関心が高まっています。
 また、メンタルヘルスは本人だけの問題ではなく、周囲の人たちの関わり方や環境も大きく影響してきます。
中部総合事務所福祉保健局では、事業所でのメンタルヘルス出前講座の講師をお受けしています。
イラスト

内容

(1)職場のメンタルヘルス講習

ストレスとの付き合い方、うつ病のサイン等、メンタルヘルスに関する全般的なお話です。

(2)ゲートキーパー研修

職場で悩んでいる人への対応方法や、ゲートキーパーの役割についてのお話です。
  
*ゲートキーパーとは、悩んでいる人に気づき、話を聞いて、必要な支援につなげたり見守る人のことを指します。特別な資格等は必要ありません。ゲートキーパーの視点をもつことで、身近な人のちょっとした変化にも気づき、心の健康作りにも役立ちます。

(3)その他

唾液アミラーゼ判定によるストレスチェックも実施可能です。
その他、ご要望に応じた対応が可能ですので、ご相談ください。

チラシ・申込書(PDF 415KB)

講師

当局保健師

料金

無料

申込先

中部総合事務所福祉保健局 障がい者支援課
電話:0858-23-3127
ファクシミリ:0858-23-4803

毎年9月10日から16日は自殺予防週間です

県民一人ひとりが心の健康に関する正しい知識を理解し、自死を未然に防止するため、毎年9月10日の「世界自殺予防デー」から始まる「自殺予防週間」(9月10日から16日)が設定されています。

自死は個人の意思や選択の結果ではなく、健康問題や経済・生活の問題、うつ病など様々なことが複雑に関係し、心理的に追い詰められた末の死と言われています。

現代社会の中では、誰もがこころのバランスを崩す可能性があり、決して他人ごとではありません。

人のつながりイラスト

そんなとき、周りにいる人が気づき、声をかけていくことが自死予防につながります。

平成29年度「自殺予防週間」キャンペーン活動をおこないます。

街頭キャンペーン

下記会場にて、ポケットティッシュ等の配布と声掛けをおこないます。

市町
会場
日時
 北栄町 東宝ストア由良店
(北栄町六尾222)
9月11日(月)
午後5時から6時まで
 湯梨浜町
ウエルネスハワイ店
(湯梨浜町長瀬791-2)
9月12日(火)
午後5時から6時まで
 三朝町 ローソン三朝温泉店
(三朝町大瀬498-1)
9月13日(水)
午後5時から6時まで
 倉吉市  倉吉駅周辺

9月14日(木)
午後5時から6時まで
 琴浦町  東伯アプト
(琴浦町八橋371)
9月16日(金)
午後5時から6時まで

キャンペーンの様子

昨年のキャンペーンの様子

パネル展示

会場:中部総合事務所ギャラリー(倉吉市東巌城町2)

期間:9月8日(金)から9月21日(木)まで

内容:自死などに関する啓発パネルを掲示します。



昨年のキャンペーンの様子

  スーミン(女の子)スーミン(男の子)
  「眠れてますか?睡眠キャンペーン」
  イメージキャラクター スーミン

毎年3月は自殺予防対策強化月間です

国は、月別自殺者数の最も多い3月を「自殺対策強化月間」と定めて、地方公共団体や関係団体等と連携した広報啓発活動を展開しています。

 

自死の原因には、健康の問題や経済・生活の問題、うつ病など様々なことが複雑に関係しているといわれています。これらの問題に対して、うつ病の早期発見など、地域全体で予防に取り組むことが求められています。

「眠れてますか?睡眠キャンペーン」パネル展

期間:平成29年3月3日(金)から3月17日(金)まで
場所:マルイ上井店、中部総合事務所ギャラリー
内容:自死などに関する啓発パネルを展示しています。

パネル展示1 パネル展示2

寄り添う2人のイラスト

  

自死に関する統計

鳥取県自殺対策情報センター
鳥取県自殺対策情報センターのホームページです。”鳥取県の自死(概要板)”というファイルを開くと、鳥取県の自死に関する統計を見ることができます。
内閣府「自殺の統計」
内閣府が作成したページです。”最新の状況(PDF形式)”というファイルを開くと、警察庁の自殺統計に基づく、平成20年~現在の自死者数の推移等を見ることができます。
警察庁「統計」
警察庁が作成した統計のページです。最新の月別自死者数などを見ることができます。
鳥取県警察「鳥取県の自殺の概要」
鳥取県の自死の概要を見ることができます。

関係機関

鳥取県

福祉保健部健康政策課
・人形劇派遣事業
・相談窓口一覧
・取組事例集

鳥取県自殺対策情報センター
・鳥取県における自死の状況

市町の窓口

※市外局番はいずれも「0858」です。
  • 倉吉市福祉保健部保健センター 26-5670
  • 三朝町子育て健康課 43-3520
  • 湯梨浜町健康推進課 35-5375
  • 琴浦町健康対策課 52-1705
  • 北栄町健康推進課 37-5867

国関係機関

内閣府
内閣府の自殺対策のページです。(外部リンク)

自殺予防総合対策センター
国の機関である自殺予防総合対策センターのページです。(外部リンク)

問合せ先

中部総合事務所 福祉保健局 障がい者支援課 精神保健担当
電話 : 0858-23-3147・3127
ファクシミリ:0858-23-4803