自死対策について

 鳥取県では、法律名など一部の用語を除き、原則として「自殺」に代えて「自死」という言葉を用います。
 
 我が国の自死者数は、平成10年以降、14年連続で3万人を超える状態が続いていましたが、平成24年に3万人を下回り、平成28年の自死者数は21,764人でした。鳥取県内の自死者数は、近年減少傾向にあり、平成28年は82人でした。自死死亡率は全国と同じ水準で推移していますが、依然、多くの方が自死されている現状があります。
 そこで、鳥取県では自死対策の総合的推進、普及啓発、相談支援体制の充実、うつ病対策の充実(早期発見、治療のための体制づくり)、自死未遂者・遺族ケアを柱に活動しています。
 また、平成23年4月からうつ病の症状の一つである「睡眠障害」を切り口に、早めの相談・受診をよびかける「眠れてますか?睡眠キャンペーン」を全県で実施しています。
 自死の主因であるうつ病や不眠などをはじめ心の健康に関する相談は一人で悩まず下記の相談窓口までご相談ください。また、ホームページの中では当局の取り組みについて紹介しています。

自死対策の取組み

相談窓口

 相談窓口はこちらです。
機関名
電話
FAX
西部総合事務所福祉保健局
(月~金8時30分~17時15分)
 0859-31-9310  0859-34-1392
鳥取県立精神保健福祉センター
(月~金8時30分~17時15分)
 0857-21-3031  
鳥取いのちの電話
(毎日 12時~21時)
 0857-21-4343  
自殺予防いのちの電話
(毎月10日 8時~翌日8時)
 0120-783-556  

最寄りの市町村相談窓口です(市外局番はすべて0859です)。
市町村名
 担当部署 電話
米子市 健康対策課 23-5452
境港市 健康推進課 47-1041
日吉津村 福祉保健課 27-5952
大山町 健康対策課 54-5206
南部町 健康福祉課 66-5524
伯耆町
健康対策課
68-5536
日南町
福祉保健課
82-0374
日野町
健康福祉課
72-1852
江府町
福祉保健課
75-6111

相談窓口一覧表
いのちを守る相談窓口(リンク:県健康政策課いのちを守る相談窓口一覧)
  

「眠れてますか?睡眠キャンペーン 」

「眠れてますか?睡眠キャンペーン」(pdf,276KB)
よく眠るための5か条(pdf,344KB)

イメージキャラクターの『スーミン』です。

 街中で”ゆるかわヒツジ”の「スーミン」を見かけたら自分自身やご家族、友人の「睡眠」について考えてみませんか? スーミンのページはこちらをクリック

福祉保健局での取組

平成22年にキャンペーンソング「そのままで」を制作しています。

キャンペーンソング「そのままで」のページはこちらをクリック

うつ病4コママンガを作成しています。

うつ病4コママンガのページはこちらをクリック

メンタルヘルス講座、ゲートキーパー研修を実施しています。

 西部福祉保健局では、メンタルヘルス講座、ゲートキーパー研修を実施していただける団体・企業を募集しています。
 ストレスやうつ病について等、メンタルヘルスに関するお話や、ゲートキーパーの役割についてお話しします。
※ゲートキーパーとは、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る人のことです。ゲートキーパーになるのに、特別な資格は必要ありません。普段の生活にゲートキーパーとしての視点を加えることで、身近な人のちょっとした心の変化に気づくことができ、ご自身や家族、地域や職場の人たちの心の健康づくりに役立てられます。
 費用:無料
 講師:保健師
 時間:「昼休みの30分で」「研修会の60分で」など、ご希望に応じて行います。
 申請書(pdf,432KB)

その他

内閣府と厚生労働省が連携し制作した番組を紹介します。

政府インターネットテレビ(外部リンク)

いのちをつなぐFacebook(外部リンク)

関係機関

鳥取県

県健康政策課 鳥取県の自死対策
鳥取県健康政策課の自死対策のページです。
県精神保健福祉センター 鳥取県自死対策推進センター
鳥取県自死対策推進センターのページです。

国関係機関

自殺対策 |厚生労働省
厚生労働省の自殺対策のページです。(外部リンク)

自殺総合対策推進センター
自殺総合対策推進センターのページです。(外部リンク)