航空法第49条に基づく高さ制限(制限表面)について

1.制限表面について



  航空機が安全に離着陸するため、空港周辺には高さを制限する表面が設けられており、この表面を「制限表面」といいます。
制限表面を越える建物等の設置(クレーン作業等一時的なものを含む)は、航空法第49条により原則禁止されております。
鳥取空港には、以下の3つの制限表面が設けられており、空港からの距離・方位により、制限される高さは異なります。

  1. 進入表面…着陸帯短辺から東西3,000メートル方向へ1/50の勾配を有する面
  2. 転移表面…着陸帯長辺から南北315メートルの方向へ1/7の勾配を有する面
  3. 水平表面…空港の標点から垂直上方45メートル(標高59.7メートル)の点を中心に半径3,000メートルの円で囲まれた面のうち、進入表面及び転移表面を除いたもの。

   制限表面図(PDF 1120MB)



アドビリーダのダウンロード

 

  


【鳥取空港制限表面立体図】


 

 【鳥取空港の制限表面(表)】
 
 進入表面  水平表面 
 転移表面
勾配
 勾配 
端部(m) 長さ(m)  半径(m) 標高(m)
 1/50 1,200
3,000
3,000
59.7
 1/7
  

2.制限表面内に建物等を設置するときの手続き



制限表面内に建物等を設置する場合は、鳥取空港管理事務所に照会が必要です。
設置する建物等によっては、空港運用時間外(午後9時30分~翌午前7時)に限って作業を行ってもらう場合があります。
また、設置する高さによって、昼間障害標識や航空障害灯が必要になります。

 ≪必要書類≫
  1. 照会文書(様式はこちらからダウンロードできます)
  2. 建物等の配置図
  3. クレーン作業等実施場所の位置図(空港からの距離・方位がわかるもの)
  4. クレーン作業配置図(クレーンの作業高がわかるもの)
  5. クレーン作業工程表

 
 様式は下記のファイルからダウンロードできます。
 

  照会文書のワード様式ファイル(22KB)  照会文書のPDF様式ファイル (35KB) 
 

アドビリーダのダウンロード

 


 ご不明な点は、鳥取空港管理事務所までお問い合わせください。