鳥取県職員数の状況<定員管理調査>(平成22年4月1日現在)

(1)部門別の職員数の状況(平成22年4月1日現在)
 鳥取県の職員数は、鳥取県職員定数条例(平成6年鳥取県条例第4号)、鳥取県病院局企業職員定数条例(平成18年鳥取県条例第13号)及び鳥取県警察職員定員条例(昭和32年鳥取県条例第14号)で上限を定めています。
 これら職員の配置については、組織体制の見直しと併せて、効率的・機能的に業務ができるよう見直しを行っています。
部門別職員数

部門別職員割合

(2)部門別の職員数の増減の状況及び当該増減の主な理由(平成22年4月1日現在)
 部門別の職員数の主な増減理由は、次のとおりです。
主な増減理由


(3)定数削減の見通し及び削減状況
 鳥取県では、これまで行ってきた行財政改革の実情とこれからの方向性を明らかにし、鳥取県版「集中改革プラン(定数削減・給与構造改革編)」を平成20年10月に策定しました。
定数削減状況