いなばのジビエ

ジビエって何?

ジビエ(仏 gibier)とは、主にフランス料理での用語で、狩猟によって食材として捕獲された野生の鳥獣のことで、ヨーロッパでは貴族の伝統料理として古くから発展してきた食文化です。
 その昔フランスなどでは、ジビエを使った料理は自分の領地で狩猟ができるような、上流階級の貴族の口にしか入らないほど貴重なものでした。
そのためフランス料理界では古くから高級食材として重宝され、高貴で特別な料理として愛されています。

鳥取県東部のジビエへの取り組み

 鳥取県東部では、イノシシ・シカの農産物等への被害額は依然として高い水準にあり、捕獲・殺処分される頭数も増加していますが、その大部分が廃棄されているのが現状です。
 動物たちの貴い生命を奪う代わりに、獣肉を高級食材のジビエとして有効活用し、精肉や加工品、飲食店でのメニュー等として売り出すため、平成24年5月に県東部1市4町の狩猟者、獣肉処理業者、食肉販売業者、飲食店などが連携し「いなばのジビエ連絡協議会」が設立され、さまざまな活動を行っています。

 鳥取県東部のジビエ料理・商品についてはこちらのリンクをクリックしてください。

いなばのジビエ推進協議会の概要

  • 平成24年5月17日「いなばのジビエ連絡協議会」として発足
  • 狩猟者から飲食店まで、県東部のジビエ関係者39団体が加入 
  • 東部地域の1市4町、商工関係機関も協力して支援
  • 事務局:株式会社ふるさと鹿野(鳥取市鹿野町)
  • 会長:長尾裕昭(株式会社ふるさと鹿野代表取締役)
  • 平成25年3月25日「いなばのジビエ推進協議会」に名称変更

 いなばのジビエ推進協議会ホームページ(外部サイト)


 いなばのジビエ推進協議会の活動状況

 ロゴマーク


ジビエロゴ(エンジ) ジビエロゴジビエロゴ(紫)   

 規約等

 ◆いなばのジビエ連絡(推進)協議会設立趣旨書>>>PDFファイル(91KB)

  ◆いなばのジビエ推進協議会規約>>>PDFファイル(109KB)

  ◆いなばのジビエロゴマーク等取扱要領>>>PDFファイル(868KB) 

 

担当・連絡先

◆東部振興課 中山間地域振興チーム
  電話:0857-26-7968  FAX:0857-26-7970
  

最後に本ページの担当課    鳥取県地域振興部 東部振興監東部振興課
   住所  〒680-8570
           
鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-79660857-26-7966    
   
ファクシミリ   0857-26-7127
   E-mail  toubu-shinkou@pref.tottori.lg.jp