品質管理活動(ISO/IEC17025認定)

鳥取衛生環境研究所では、当所で実施する試験検査の品質・信頼性を確保するとともに、そのレベルをより一層向上させるため、試験検査業務に係る品質管理システムの構築を目指しています。

  

取組概要

当研究所は食品と環境分野の4種類の試験について、試験所品質システムの国際標準規格「ISO/IEC17025」に適合する試験所として認定を取得しています。

またISO/IEC17025の認定を取得していない試験についても、同様な考え方を拡張して自主的に品質管理システムを構築し、試験検査の品質・信頼性の確保に努めています。

ISO/IEC17025について

試験所や校正機関が、ある特定の試験や校正について、正しく実施する能力があることを、認定機関の専門家が審査した上で認定される国際的な試験所認定の制度です。

個別の試験の正確さや信頼性に係る「技術的な要求事項」と、試験所の体制や記録の管理等に係る「管理上の要求事項」とから構成されます。

ISO/IEC17025認定内容

鳥取衛生環境研究所がISO/IEC17025の認定を受けた試験項目は以下のとおりです。

試験対象品 試験項目 試験方法
特定事業場排水 揮発性有機化合物(VOCs:トリクロロエチレン等11物質) ヘッドスペース-ガスクロマトグラフ質量分析法(日本工業規格K 0125-5.2)
化学的酸素要求量(COD) 100℃における過マンガン酸カリウムによる酸素消費量(日本工業規格K 0102-17)
カドミウム 原子吸光光度法(食品衛生法に基づく)
環境大気 揮発性有機化合物(VOCs:アクリロニトリル等9物質) 容器採取-ガスクロマトグラフ質量分析法