男女共同参画センターのホームページ

新着図書

 よりん彩情報ライブラリーには、新着図書が数ヶ月ごとに入ります。
おすすめ新着資料(図書・雑誌・ビデオ・DVD)を随時紹介します。
※雑誌はこのリストに含んでいません。「資料検索サービス」からお探し下さい。


アクロバットリーダのダウンロード
  

新着図書を紹介します。

  10月の新着図書を紹介します。pdf(272KB)





※10月によりん彩情報ライブラリーに入った本の中から、
                                             おすすめの本を紹介します。

○その仕事、自分の命より大切ですか?
 『死ぬくらいなら会社辞めればができない理由(ワケ)
            汐街 コナ・ゆうき ゆう/著  あさ出版 』

・精神科医・ゆうきゆう(『マンガで分かる心療内科』シリーズ)が監修・執筆を担当し、 過労死・過労自殺する人が「死ぬくらいなら辞めれば」ができない理由をわかりやすく解説。
また、過労やうつ状態から抜け出して幸せになった人を取材した「実録! ブラックな状況を抜け出しました」も収録。
現代日本で働くすべての人が共感する必読の1冊です。


○私がなくしてしまったのは、自分自身だった。
   『13歳、「私」をなくした私 性暴力と生きることのリアル
                山本 潤/著  朝日新聞出版 』

・性被害を受けた人の心はどうなるのか、日本でも多くの人が性暴力被害を受け、苦しんでいます。身近な人たちにどんな影響をもたらし、回復のためには何が必要なのか。
13歳から7年間、実の父親から性暴力を受けた著者の約30年にわたる葛藤と再生の記録のすべて。


○お金のプロふたりが本音で語る
   『定年男子  定年女子  45歳から始める「金持ち老後」入門!
             大江 英樹・井戸 美枝/著  日経BP社 』 

・定年後の3大不安、お金・病気・孤独にどう備えるか。40代~50代でやるべきことをわかりやすく解説。
同世代の方に、また老後に対して不安がある人にぜひおすすめしたい、今後の人生設計に役に立つ1冊。


○子育て世代、現場マネージャー、人事部・総務部の方、必読!
   『育児は仕事の役に立つ「ワンオペ育児」から「チーム育児」へ
             浜屋 裕子・中原 純/著   光文社新書 』

・育児経験が仕事現場でどのように役立っているか、実証研究をもとに、著者二人の対談形式でとても読みやすい本です。
共働き世帯における夫婦の育児がうまく回るようになるノウハウも満載!
出産・育児を控えたパパ・ママ予備軍の方々、育児真っ最中のパパ・ママにぜひおすすめしたい一冊です。


他、たくさんの本が入りました。

 どうぞご利用ください。



  

最後に本ページの担当課    鳥取県 男女共同参画センター
    住所 〒682-0816
             倉吉市駄経寺町212-5
             県立倉吉未来中心内
    電話   0858-23-39010858-23-3901    
   ファクシミリ  0858-23-3989
    E-mail  yorinsai@pref.tottori.lg.jp