本文にジャンプします。 鳥取県・とりネットです。 高次脳機能障がい支援サイト
鳥取県公式ホームページ「とりネット」

注意障がいの検査

ここでは、注意障がいの検査について紹介しています。
  

標準注意検査法(CAT : Clinical Assesment for Attention)

 注意機能全般(容量、持続、選択、変換、配分など)を評価する検査です。成人が対象です。
 7つの下位検査から成り、全て施行すると長時間になるため、数日に分けて、また必要な項目のみ実施されることもあります。
 各下位検査ごと、年代ごとに標準値が異なります。

定速聴覚連続付加検査(PASAT : Paced Auditory Serial Addition Task)

 連続して読み上げられる一桁の数字を、先に述べられた数字に順次暗算で足していく検査です。
 聴覚性の注意の持続と選択などが評価されます。CATの下位検査の1つでもあり、1秒間隔と2秒間隔、年代ごとに基準値が異なります。  

抹消課題

 提示された線や仮名などから、指定された条件で特定の物を線で消す検査です。
 視覚性の選択的注意が評価されます。CATの下位検査の1つでもあり、年代ごとに基準値が異なります。

数唱課題

 口頭で提示される数字を復唱・逆唱する検査です。
 聴覚性の注意の持続と、短期記憶が評価されます。CATの下位検査の1つでもあります。
 数唱には、順唱と逆唱の二つの構造があり、それぞれ年代ごとに基準値は異なります。

トレイルメイキングテスト(TMT : Trail Making Test)

 ランダムに並んだ数字や仮名を、順番通りに線で繋いでいく検査です。数分で実施可能です。
 パートAとBがあり、視覚性の注意の持続と選択、遂行機能、探索機能などが評価されます。
  

このホームページについての問合せ先

鳥取県福祉保健部障がい福祉課
精神保健担当
電話 0857-26-7862  ファクシミリ 0857-26-8136
  

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部障がい福祉課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-71540857-26-7154    
    ファクシミリ  0857-26-8136
    E-mail  shougaifukushi@pref.tottori.jp