鳥取県の将来ビジョン

「鳥取県の将来ビジョン(追補版)」を平成26年に作成しました。

平成20年12月に制定され5年が経過したことから、社会情勢の変化等を新しく盛り込み「鳥取県の将来ビジョン(追補版)」を作成しました。
 

「鳥取県の将来ビジョン」の本文

HTML版(ホームページの画面上で見られます。)

PDF版(紙に印刷したイメージで見られます。)

「鳥取県の将来ビジョン」概要パンフレット

概要パンフレットはこちらをクリックしてください
※将来ビジョンの狙いや構成等を説明したものです。(A4版、全8ページ)

「鳥取県の将来ビジョン」を平成20年に策定しています。

 おおむね10年後に目指すべき鳥取県の姿と、実現への取組方針をまとめた「鳥取県の将来ビジョン」を平成20年12月26日に策定しました。

 今後、このビジョンをもとに県民・NPO・企業・大学などさまざまな主体と連携・協働して、「活力 あんしん 鳥取県」の実現を目指します。

「鳥取県の将来ビジョン」の本文

 ◆HTML版(ホームページの画面上で見られます。)

※将来ビジョン関連の主な各年度当初予算へのリンクを掲載しています。

※画面の制約等のため、見出しを一部省略するなどPDF版と異なる箇所があります。

 ◆PDF版(紙に印刷したイメージで見られます。)
※印刷する場合にご利用ください。 (簡易版と製本版があります。)

「鳥取県の将来ビジョン」概要パンフレット

 ◆概要パンフレットはこちらをクリックしてください
※将来ビジョンの狙いや構成等を説明したものです。(A4版、全8ページ)

「鳥取県の将来ビジョン」とは

 鳥取県は、人口減少、地域経済の低迷、中山間地域の衰退等厳しい現状にあります。

 しかし、鳥取県には、豊かな地域資源、北東アジアに近いという地勢的な特性、都市地域と中山間地域とが比較的近接した県土構造など、地域の発展につなげることのできる多くのポテンシャル(潜在的な力)があります。

 今後の鳥取県の持続可能な発展のためには、このようなポテンシャルを活かすことに活路を見出し、県民の知恵と力を結集させることが必要です。

 このため、おおむね10年後の鳥取県の目指すべき姿を、県民の皆様と一緒に考え、県の進む方向性や課題を共有することを目的として、平井知事が就任した平成19年度から策定作業を開始したのが「鳥取県の将来ビジョン」です。

 策定に当たっては、県民の皆様のご意見を広くお聞きするため「タウンミーティング」「パブリックコメント」「おでかけ意見交換」「将来ビジョン懇話会」などを開催・実施しました。

「鳥取県の将来ビジョン」策定までの経緯

年度 出来事
平成8(1996)   ○第7次鳥取県総合計画策定
  (基本計画期間:平成8年度~平成12年度)
平成11(1999)   ○総合計画の策定を停止
平成12(2000)~平成15(2003)     この間、「鳥取県21世紀ビジョン」を毎年度作成(改訂)
平成19(2007) 4月 ○平井知事就任
・マニフェストに掲げた「鳥取県の将来ビジョン」策定を開始
8月   ・将来ビジョン懇話会(第1回)開催
10~12月   ・パブリックコメント(第1期)実施
  ・将来ビジョン懇話会(第2回)開催
・「鳥取県の将来を考えるタウンミーティング」開催(東部中部西部
12月 「鳥取県の将来ビジョン骨子(たたき台)」を作成
12月~翌2月   ・パブリックコメント(第2期)実施
  ・将来ビジョン懇話会(第3回)開催(東部中部西部
3月 「鳥取県の将来ビジョン骨子(たたき台)Ver.2.0」を作成
       <19年度にいただいたご意見のまとめ>
平成20(2008) 5月 「鳥取県の将来ビジョン骨子(案)」を作成
6~7月   ・パブリックコメント(第3期)実施
  ・将来ビジョン懇話会(第4回)開催(東部・中部・西部)
7~9月   ・「将来ビジョンを共に考えるタウンミーティング」開催
10月 「鳥取県の将来ビジョン 素案」 を作成
10~11月   ・パブリックコメント(第4期)実施
  ・将来ビジョン懇話会(5回)開催(東部・西部)
11月 「鳥取県の将来ビジョン(案)」を作成
12月 「鳥取県の将来ビジョン」成案を策定

※上記のほか、「おでかけ意見交換」等の実施回数:34回

  

最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部とっとり元気戦略課
   住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話   0857-26-7650    ファクシミリ  0857-26-8111
   E-mail  tottori-genki@pref.tottori.lg.jp